闇金でお金を借りると親にも取り立てがいく?

闇金とは、都道府県知事等に登録をせずに金融業を営んでいる違法な業者のことです。闇金は、どんな手段を使ってもお金を回収してくるので、相手が未成年であろうと関係なくお金を貸し付けます。未成年の場合、親からお金を回収できるので、むしろターゲットにされやすいです。法律的には、親であっても保証人や連帯保証人になっていない限りは子供の借金を返済する義務はないのですが、元々違法な業者なので、そのような法律は通用しません。嫌がらせ、脅しなど、どんな手段を使ってもお金を回収しようとしてきます。もしも闇金の被害にあってしまったら、すぐに警察に連絡をして、さらに弁護士や司法書士などに相談をして早めに借金問題を解決してしまうことが重要です。警察は犯罪には対応してくれますが、借金問題は解決してくれないので、場合によっては法テラスや法律事務所などで相談を受けることも大切です。闇金で借りた暴利の借金については、契約自体が無効なので利息の返済義務はありません。また、著しい高金利の借金については、元本さえも返済義務がないという判例があります。

支払督促状が届いて慌てふためいた

父に支払督促状が届いて、我が家は大慌てになりました。
父は昨年末に脳梗塞で倒れ、急激に認知症が進んでしまい、今はほとんど
まともな会話を引き出すことは無理じゃないかという状態です。
その支払督促を見てみると、父がある消費者金融でお金を借りていたものを
支払いが滞っているためという内容でした。
私達家族は父がそうやってお金を借りているということすら知りませんでしたし
ましてや、どんな使い道・目的のために借りたのかということも全くわかりません。
そして、父の入院費用などで私達子どもたちの家庭から、援助をしている有り様で
それぞれ、子どもにお金がかかってくるときにこれ以上さらにお金を
出すのも難しい…というわけで、返済ができないという状況です。
そもそも、支払督促についてもよくわかっていなかったので、いろいろ自分なりに
調べてはみましたが、異議申立てをするにしても、父がこんな状態では
私たちが代理人となって異議申立てや裁判所での答弁などをすればいいのか?
それより先に、何か手がうてることがあるのか?という疑問がはっきりしなかったので、
仕方なく、司法書士事務所に相談に行くことになりました。
とりあえず、支払督促がきたら、対応は迅速にしないといけないらしいということだけは
わかったので、できるだけ早めの予約がとれるところを選んだつもりですが
やはり、私たちにも私たちの生活がありますし、仕事を休まなければいけないなど
いろいろ今の時点でもしわ寄せが押し寄せてきています。
私たち自身の借金ではないので、父に返済能力がないということで
なんとか返済を免除してもらえればいいんですが、全額免除となると
やはり自己破産をするくらいしか方法ってないんですよね??
そうなってしまうと私達が生まれ育ってきた実家を売り払わなくてはならなくなるのが
ネックだなと思っています。
家や車などの財産を保持したまま、債務整理をする方法が他にもあるのですが
そういった任意整理だとか個人再生だとかは、借金が全額免除にはならないんですよね。
減額はされるようですが…。
古くて小さな家ではありますが、やはり思い出がつまっていますから。
それにしても、やはり、あの父が借金をしていたなんて、今でも信じられません。
若い時から、かなり真面目一筋な父でしたから…。
もちろん、最初は支払督促詐欺なのではないか?というのも疑いましたしね。
定年後も元気に働いていたと思ってはいたのですが、ひょっとして、
私達が思っていたよりも、そのときから認知症になっていたのかもしれません。

無審査で利用する事ができる闇金

一般的にお金を借りる時は審査が必要です。
正しい順を追って融資してくれる金融機関を利用する事、それがローンやキャッシング等を利用する上では重要な事となります。
しかし世の中には無審査でも融資してくれる金融機関があります。
それが闇金です。

闇金は確かに無審査で融資をしてくれますが、実際に融資してくれる額はそれ程多い訳ではなく、その時に必要なお金数万円を貸してくれる事が珍しくありません。
少額だから金利が少し位高くても平気だろうと安易な気持ちで利用してしまうと、すぐに金利分が膨れ上がって行ってしまって結果的に返済総額がかなり多くなってしまう事もあります。

無審査だから手軽に利用する事ができると思うかもしれませんが、闇金の利用はとてもリスキーな行為です。
出来るだけ安全にお金を借りる為にも、正しく審査をしてくれる金融機関を選び、決して闇金には手を出さない事が重要です。
そうする事がお金を借りる側としても最低限必要な事だと言っても過言ではありません。

連絡先が携帯なのが090闇金の手口です

町中の貼り紙に、金融機関のものがあります。
そこには「ブラックでも大丈夫です。」などと書かれていますが連絡先は必ず携帯電話の番号になっています。
これが、闇金の手口になります。
法律では、貸金業は固定電話を使用することは義務付けされています。
貸金業としても、登録もしていない闇金は、こうした携帯電話を使用しておりまた、その営業先の住所も隠すことがあります。
ネットのホームページでも、正確な場所が特定できないようにしています。
金利がとても高く、また返済も毎月ではなく毎週あるのが特徴になります。
お金の借入をするときには、このような手口があることをよく知っておくと騙されることはありません。
また、闇金は大手の金融機関と類似した名称を使用することはよくあります。
借りる側が、勝手に大手の関連企業と錯覚をするからです。
一度、借りると執拗な取り立てをして1人の人間の人生を狂わせることもあります。
携帯電話は、要注意になります。

借金問題と時代の流れ

近年、借金トラブルで困っている人がとても多いそうですね。
テレビの特集でそんなことをやっていたんですが、借金といえば、せいぜい
マイホームローンくらいしか組んだことのない私にはあんまりピンとこなかったんですけどね。
ただ、弁護士事務所とかのインタビューでは無理な返済計画で組んだために
マイホームローンすら支払いができなくなるっていうケースが本当に多いみたい。
やっぱり、リストラや倒産関係で収入が安定してないからかな?って
思ったけど、そもそも、家を建てる段階で、今後、収入は増えていくという
予測でハウスメーカーがローンを組ませてるのが問題みたい。
高度経済成長期ならともかく、今どきはそんなことしたら無謀だってことを
我々、消費者もちゃんと知っておかないといけませんよね。
ハウスメーカーの人が大丈夫だっていうんなら大丈夫なんだろうなんて
信用しきっちゃダメですよね…。
もちろん、良質なハウスメーカーなら、家を建てたあともお付き合いは続いていく
ってかんじでアフターフォローもばっちりだし、無理のあるローンを組ませたりはしないんですが
悪質なとこだと、家を売ったらそれでおしまい、あとは買った人がどうなろうが
知ったこっちゃないって感じらしいですから。
まあ、中にはそもそも、銀行に借りれる住宅ローンの限度額では不足するからってんで
消費者金融からもお金を借りて家を建てる無謀にもほどがあるっていう人もいるみたいですけど。
そういう人は頭金も当然0円とかなんだろうな~(^_^;)
マイホームローンで借金問題が起きるとやっぱり、金額が金額ですんで
素人が頑張ればなんとかなるってわけにもいきませんから、やはりここは
弁護士事務所に相談にいくべきでしょうね。
もっと少額のローンだったら司法書士でも対応できるみたいですけど、
司法書士が対応できる金額には上限があるらしいんで、さすがに家の
値段からすると弁護士じゃないとダメでしょう。
いきなりどこの弁護士に相談すればいいのかわからない…という人は
とりあえずは法テラスなどに相談にいくといいかもしれません。
また、最近はネットで調べれば、各々の法律事務所のサイトだけではなく、
法務事務所のナビゲートサイトやランキングサイトもありますので、
そういったところを利用して調べてみるのもいいですよね。
もちろん、マイホームローンに限った話ではなく、その他の銀行カードローン、
消費者金融キャッシング、クレジットカードなどなどの借金全般も
相談にのってくれるのでありがたいですよね。

時代と共に変化する闇金の手口

この間、テレビを見ていたらニュースの特集で闇金手口が
年々巧妙化しているという事例をやっていました。
私自身は自分が利用しているローンといえば、銀行で借りてるマイカーローンくらいで
別に闇金でお金を借りたりしたこともありませんし、借りたいと思ったこともないんですけど
どうしても、闇金でお金を借りなければやっていけないっていう人が最近は
すごく増えているんだそうで、それに比例して闇金被害にあう人も多くなっているんだそう。
その原因になったっていうのが数年前にできた総量規制っていう法律。
多額の借金を背負って返済できなくなる人を減らそうって言う目的で
作られたらしいこの総量規制は年収の1/3までしか、消費者金融などでは
お金を借りることができないという規制なんですよね。
ただ、完全に貸金業者がそれだけしか貸せないってなると、マイホーム資金とか
どうすんのってなるんで、銀行は規制の対象外ですけど。
でも、そもそも定期的な収入がないっていう人はこの規制があると、
消費者金融からは全く借り入れができないっていうことになるんですよね。
ってわけで、そんな人たちが闇金に流れてしまう…っていう。
でも、さすがに闇金にはやっぱり怖いイメージっていうのがあるから、
お金に困っても闇金は…っていう人が多い中、この総量規制後はそういう層を
取り入れようってんで、普通の消費者金融と対応は変わらない…むしろ、
相談にのったりして親切だし、すぐに融資してくれる、みたいなサービス面では
いいかんじのところがすっごい増えてるらしいんですよ。
対応がソフトってんで、ソフト闇金っていうらしいですけど。
しかし、いくらソフトっていっても、闇金は闇金ですから、当然、普通の
消費者金融とは違って違法な高い利息を支払わなければならないんですよね。
どれくらい高いかって、普通の消費者金融の数十倍~百倍を超えたりすることも
あるってんだから、ヤミ金業者マジぱねぇな!ってかんじですよ。
だって、ただでさえ、普通の消費者金融でも利息高い…ってかんじじゃないですか。
前述した私が借りてるマイカーローンも銀行で審査が通ったからよかった~だけど
もし、消費者金融のほうしか審査通らなかったら利息大変だよなって思ってたんだから。
当然、そんな高い金利だと利用者はすぐに支払いに窮するようになり、
利息だけでいいから支払ってくださいという闇金の甘い罠にひっかかり、
終わらない利息支払いを延々と続けていかなくてはならないことになるんだそう。
全く持って恐ろしい手口ですよね…蟻地獄の巣を想像してしまいました。

借金整理は遅れるととんでもないことになる

うちの叔母がやっとのことで借金整理に着手したそうです。
なんだかんだと独身貴族を長年続けていて、まあ、仕事はしているんだし
子どもがいない分、老後の資金も貯めているんだろうってみんなに思われていたんですが
蓋をあけてみれば、全くそんな蓄えはないどころか、借金問題までありましたっていう始末。
親戚中びっくり&説教開始ですよ。
本当に計画性がなさすぎる!ってなもんですが、兄弟たちもいざ
説教をしたら本人はまだ結婚する気でいて、結婚したら旦那様が全部
払ってくれるなんて幻想を抱いていたことが発覚。
いやいやいや、ハタチそこそこの小娘ならともかく、40も過ぎて何いっちゃってんの?
そんな楽観的な白馬の王子様を夢見続けて、あれですか、ヅカにハマって
毎週のように観劇するのに借金しまくり生活だったってわけですか…。
本人自体はすんごく地味でブランド物とかにも興味のないような人だったから
散財とかしてないだろうってこれまでみんな思っていたんですけどね。
消費者金融数社とあと、クレカにカードローン作ってたっていう。
そういうの多重債務っていうんですよね?え?ちがう?
仕方なく、大伯父さんの紹介で司法書士の先生に相談して、任意整理することに。
ここ最近だとあまりないそうですけども、かなり前から借金をしてきたらしいので
過払い金も結構発生していたみたいで、そこまで借金総額は
大きな額っていうわけでもなかったんだけど、相談やらなんやらしてる間に
間の悪いといいますかなんといいますか、叔母に病気が見つかっちゃいましてね。
ちょっと返済が厳しいということで、債務整理に踏み切ったみたいです。
叔母の病気は婦人科系の病気で、ただでさえまだまだ結婚して子ども産む気
満々だった叔母なので、今になってようやく子どもがもう望めないかも…って
状況に気づいたみたいで本人の気落ち具合も超すごい。
まあ、別に命に別状があるってわけではないらしいですけど、ただ
やはり婦人科系の病気だとホルモンバランスがどーのこーので今後の体調には
大幅に影響してくるんだそうですね。
一応、今も仕事を続けてこれからの減額された借金の返済をしていくっていうわけですけど
それができない!ってなっちゃったらどうすんだろうな…。
今度こそ自己破産になるとか?
でも、任意整理後にさらに状況悪化で自己破産とかっていうケースって
どれくらいあるんだろうねぇ??
余裕を持って返済計画たてられるはずだからそんなに多発するっていうことも
ないかなって思うんですけど(^_^;)